エソテリック・ヒーリングとは

エソテリック・ヒーリングは、アリス・A・ベイリー女史がチベットのアセンデッドマスター、ジュアル・クール大師からのテレパシーによって伝えられた論文集の中に口述されている技術です(INEH JAPANのHPより)


エソテリック・ヒーラーは直接手を触れず、身体の外側を包んでいる3つの層に働きかけます。受ける方の魂の計画に基づいたヒーリングが起こるよう、施術者の意図を入れないところで純粋なヒーリングが起きるよう、エゴを関与させないトレーニングを積んでいます。


トレーニングはヒーラーの人間的、魂的成長を促すため、期間を開けて開催されます。半年ごとに5日間、2年間に渡り合計20日間あります。


中島は2016年から始めてアドバンストレーニングを含めて合計30日間を終了しています。
私自身がエソテリック・ヒーリングを受けた体験。 翌日からしばらくふんわりと輝くオーラに包まれるような愛に満たされたような感覚を得ることが多いです。


そして魂の法則にもとづいた生き方にシフトしていき、人生が加速していっています。
ただ、エソテリック・ヒーリングのヒーリングとは魂の計画に基づいたことがあるがままに起こるのを助けるものであるとの理解で行っております。


何かの不調が改善されたり、痛みがなくなったりすることもありますが、受者がご自身の魂とつながり、魂の成長を促すために必要な恩恵を受け取れるようになることが目的です。
すぐに効果が確認できないこともあること、恩恵を受ける過程として一見不本意に思えるようなことが起こることもありますのでご理解の上、受けていただきますようお願いいたします。

エソテリック・ヒーリング

本来の才能が開く心と身体と魂が喜ぶオンラインヒーリング (peraichi.com)

アリス・ベーリーの本

AABライブラリー (aablibrary.com)

コメント